ムーミンの世界観を反映した住まいで音楽に癒され、庭で遊ぶ

ログハウスは建てて終わりではなく、生活の楽しみを受けとめ、ふくらませる大きな器のようなもの。家族と一緒に歴史を刻み、より魅力的になってく。オーナーによってそれぞれ異なる好みを反映して生まれた魅力的な住まいと、その暮らしぶりを紹介しよう。

岐阜県・小池さん

設計・施工/夢木香㈱

フィンランドにいるような自然を五感で感じられる家

建物の南面いっぱいに設置したウッドデッキは、風を感じながら過ごす第2 のリビング。1 階の床と高さを合わせて、視覚的な広さも意識した

ウッドデッキにキャンプ用品を出し、手作りの梅シロップのジュースでくつろぐ小池さん家族。ログハウスを建てて初めての夏は、このウッドデッキが大活躍。子どものプールに始まり、カキ氷を食べたり、夕食をここで食べたあとに花火をしたりと、アウトドアリビングでの開放的な暮らしを満喫している。かわいいムーミンハウスの色彩をイメージした外観を、さらに素敵に見せる緑の芝生はもっぱらご主人がお手入れ。「週末のルーティンワークになりました。来年には薪割りも始めたいですね」と少しずつ家仕事を増やしていく予定だ。

急勾配の大屋根が印象的な小池邸。玄関ポーチは、雨天時の生徒の送迎を考慮してスペースを広く、軒を深く取った

小池さんご夫妻の家づくりは、ムーミン好きの奥さまによる「北欧風の木の家を建てたい」という夢からスタート。何社も見てまわるうちにログハウスに出会い、「呼吸がしやすい」と実感。なかでも夢木香のログハウスは別格で、丁寧な造りや、パイン材のなかでも特に香りの良さを感じたことなどが決め手になった。

玄関を入って右手にあるピアノ教室。窓がある道路側は二重サッシとトリプルガラスで防音対策。隣家と接する側には水まわりを挟み、音が少しでももれないよう配慮した

設計のいちばんのポイントは、ピアノ教室と住空間を分けること。玄関からの動線を、住まいは左へ、教室は右へと二方向に設け、洗面コーナーとトイレをピアノ教室の入口近くに配置。プライベートとパブリックの住み分けをした。

吹き抜けが気持ちいいリビング。1階と2階につながりを持たせるため、階段を上がった所は開放的なフリースペースに。天窓はリモコンでブラインドが開閉できる

スペース全体を吹抜けにしたリビングは、棟まで高さがあり開放感抜群。トップライトや高窓から陽光がたっぷり入り、家の中から空がきれいに見える気持ちのいい空間だ。棚やカウンターもパイン材で造りつけた「香りが良くて森林浴をしているよう」という室内には、奥さまが子どもの頃から好きなムーミンが、カーテンや照明などところどころで顔を出して癒しのアクセントに。

上/奥さまのムーミン好きは3歳の頃から。「ゆる~い空気ややさしい色合いに癒されています」。住まいにはムーミンアイテムを控えめに取り入れている。ピアノ教室のカーテンは、リトルミイが刺しゅうされたものをチョイス 中/玄関では夢木香が、ディクラッセの白樺モチーフの照明を提案 下/ほかにも少しずつ買い集めたものをさりげなくディスプレイしている。トイレの照明は、スナフキンの帽子を模した奥さまのお気に入り

【  Detail  】

≪リビング≫

吹き抜けの高さを生かし、東側の高い位置に大きな窓を設置。朝にはまぶしいほどの陽光が入り、「気持ち良く一日を始められます」
ソファを置いたら、ソファでふさがれた階段下がちょっとしたおこもり空間に。子どもが「自分だけのおうち感覚」で遊べる楽しいスペース
薪ストーブを置く炉台のタイルとフローリングの境目は、太めの見切り材できれいに施工。「細やかな仕事ぶりも夢木香に決めた理由のひとつです」
玄関からLDKへ入る間口には、視界の抜けや動きやすさを優先してドアを設けずオープンに。玄関ホールに立っても、キッチンやリビングが死角になる

≪キッチン≫

キッチン→パントリー→洗面脱衣室→浴室と一直線に並び、横へ動くだけのシンプルな家事動線。「キッチンに立ちながらお風呂の様子がわかるし、コンパクトに動けます」
リビングから見えるキッチン背面の棚は、造りつけを夢木香にオーダー。壁と同じパイン材なので、空間に溶け込んでスッキリとした印象
広いパントリーはオープン棚にして何でも収納。カウンターも作り「買い物バッグをここにポンと置いて仕分けができるので便利です」

≪ピアノ教室≫

ピアノ教室には、楽譜などおさめるもののサイズに合わせて棚を造作。ホコリがたまらないように、扉やガラス戸をオーダーした

≪ロフト≫

ハンモックを置いた2階フリースペースは室内干しや在宅ワーク、昼寝などに大活躍。バルコニーでコーヒーブレイクすることも
2階フリースペースからはしごを上がれば、棟までの高さを利用したグルニエが。スペースを上手に活用しているので収納もたっぷり
階段手すりの支柱は、手が当たったときに痛くないよう切り口を面取りする細やかさ。ラミネート加工で張り合わせた断面も木目が美しい
階段の手すりと支柱の接合部分は、見た目を考えて鍋頭の木ネジ風のデザインに。細部へのこだわりが、仕上がりのきれいな空間を生み出す
階段のファーストステップにフットライトを仕込んだので、夜はほのかに明るく安全性もアップ。ここを椅子代わりに座ることもあるそう

【DATA】 ●使用目的/自宅 ●家族構成/夫婦+子ども1 人 ●使用ログ材/パイン角型ラミネート(W11.3 × H20.3cm) ●ストーブ/ヨツール「F400」 ● 敷地面積/263.97㎡(79.85 坪) ●床面積/ 1F 77.69㎡(23.50 坪)、2F 52.46㎡(15.86坪)、延床面積 130.15㎡(39.37 坪) ●総工費/ 2870万円+税

取材・文/椋木敬子、写真/永田ゆか